基礎工事と差筋アンカー | 蓄電池のシーズン

実績

  • エコキュートシャープ蓄電池スマートスター蓄電池ニチコン蓄電池パワコン交換実績田淵電機蓄電池長州産業蓄電池2020.09.10

    弊社では蓄電池、エコキュートを設置する際、基礎工事(土間打ち)を推奨しております。

    下の写真のように差筋アンカーを打つことで建物と新しく打設する土間コンクリートを一体化するために使います。

     

    ポイント1

    蓄電池を設置する場所に基礎工事の枠組みをします。

    家の壁と基礎を一体化させるために差筋をすることで、強度を高め、安定した土台が出来上がります。

     

    ポイント2

    完成した際に基礎が半分以上埋まるように地盤の土を除去し砂利を敷き詰めて作業します。

    その後プレスをかけ、コンクリートを流し込みます。水平を計りながら、平らにならします。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry