EBIS7 | 蓄電池のシーズン

キーワード

「EBIS7」
  • ハイブリッド蓄電池パワコン交換実績田淵電機蓄電池補助金2021.10.03

     

    上記の画像は『 田淵電機 パッケージ型番 EKH3E 』 を設置したときの蓄電池ユニット(EOF-LB70-TK)の写真です。

    ハイブリッドパワコンは 入力回路が4回路 出力が8kWの パワコンを設置しており、型式はEHF-S80MP4Bになります。

     

     

    HF-S80MP4B

     

    ちなみに、、、このEBIS7にはハイブリッドパワコンが3種類ラインナップされてます。

    5.5kwの3回路モデル / 8.0kwの4回路モデル / 9.9kwの5回路モデル

    出力と入力回路で合うものを選択頂けます。

    (↓左は4回路 右は5回路)

     

    他メーカーの蓄電池と比べるとパフォーマンスは抜群です。

    全負荷だし、200V対応だし、ハイブリッドだし、充電電力も5500Wだし。。。

    しかしながら、設置工事をしていると見えてきます。大きな弱点が。

    お客様の設備環境によっても合う合わないはありますので、田淵電機 EBIS7(アイビス7)にご興味をお持ちの方は一度問い合わせくださいませ。

     

    蓄電池の導入がない方は、今後、太陽光のパワコン交換が必要になってきます。

     ↓パワコンの交換のみをお考えの方はコチラ↓

    太陽光発電のパワコンの交換を希望の方はこちら

    パワコン見積り

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • ハイブリッド蓄電池パワコン交換実績田淵電機蓄電池補助金長州産業蓄電池2021.10.02

    長州産業の太陽光発電を9年利用されている方へ7.04kwhの蓄電池を設置しました。

    最近、パワコンのエラーが頻繁に表示されメーカーが修理したそうです。

    今回はハイブリッド蓄電池を導入したのでパワコンが交換となります。

    旧パワコンは屋内型

    新しいパワコンは屋外に設置します。

    長州産業の蓄電池は7.04kwhは田淵電機のOEMになりますが、まったく同じというわけではありません。

    配線の接続箇所が田淵電機と違い、入力回路を壁面から接続することが可能です。

    マニアックな話にはなりますが、キレイに施工するために必要なことで、メーカー側の職人に対する配慮なのかもしれません。

     

    比較するなら田淵電機のパワコンの配線は下部から入力になります。

    電気工事に携わっている方なら基本中の基本の知識になりますが、防水対策のために電気の入力は下部から入力することが基本です。ご家庭の電気メーターも下部から入力されてますよね。

    ただ、どうしても配線が見えてしまうと美観を気にされる方に取っては隠したいところです。そのような方には田淵電機より長州産業のパワコンをお勧めします。

     

    ↓ 参考例:屋外配線の電気メーター ↓

     参考例:屋内配線の電気メーター 

     

    ちなみに施工上の理由からどうしても上部から配線を接続する必要がある場合は防水用の部材を使用します。下の画像にて確認出来ますが、内側にパッキンが施されているものと、パッキンがないものがあります。

    また、蓄電池の施工やエコキュートの施工はそれぞれのメーカーの施工ルールに従って指定部材を使用します。

    ↓ 参考例:コネクタ(防水あり) ↓

    ↓ 参考例:コネクタ(防水なし) ↓

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • エコキュート実績2021.05.17

    エコキュート(フルオート)からエコキュート(フルオート)への入替作業です。

    問い合わせが多いエコキュートのメーカーは三菱、ダイキン、パナソニック、日立になります。

    メーカーごと若干寸法が違うため、事前の現地調査ではオールアンカーの打込み位置確認が非常に重要になります。アンカーの寸法によっては既設の基礎を打ち直すこともあります。

    以前にもコメントしたことありましたが、このオールアンカ芯棒の打ち込みはコツがあります。垂直に打ち込まないとボルトが閉まりません。何事も基礎が大事です。

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • パワコン交換実績田淵電機蓄電池2020.09.09

    今回は『 田淵電機 7.04kwh 蓄電ハイブリッドシステム EIBS7 (アイビス7)』の設置です。

    4月以降 の田淵電機のEIBS7の設置が増えてきました。ハイブリッド蓄電池の中では一番選びやすい機種の一つと言えます。全負荷でありながら少なすぎず多すぎない容量のため、料金も抑えられた金額。

    貯めるときは5.5kVAの入力でためるので早く満充電になります。他のメーカーは2~3kVAですよ。

    使うときも5.5kVAの出力なので数多くの家電製品を同時に使用出来ます。一般的な蓄電システムは3kVA前後です。


    全く弱点の見当たらないEBIS7ですが、実は弱点もあるんです。

    ここではあまり話せないので、問い合わせください。コッソリ教えます。


    こちらはパワコンの内部です。太陽光の配線に合わせ系統を繋いでいきます。

    今回のパワコンはEHF-S99MP5Bを使用しており、9.9kwの5回路の入力回路があります。容量が大きい太陽光発電を利用している方に最適です。

    現在、太陽光発電のパワコンを2台使用している方は、こちらのパワコン1台でまとめることも出来るかもしれませんので、交換のタイミングの場合は要チェックです。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry